日本の食文化について

 | 

2013年、「和食=日本の伝統食文化」はユネスコ無形文化遺産に登録されたのはご存知でしょうか?。ユネスコ条約の目的は、危機に瀕している文化を保護すること。つまり日本から優れた食文化が消えつつあると認められたことになります。

みなさんは「食文化の講座」と聞いて、どのような内容をイメージしますか。グルメ大国、日本。食に対する意識も高い日本人。ところが、いざ「食文化」というテーマに直面すると、思ったよりも頭の中で体系化されていないことに気づくはず。

 

そもそも、食文化とは何でしょうか。ヒトは生命をつなぐために食を獲得してきました。それがいつしか食を楽しむ文化を生み出し、社会を発展させていきました。食文化とは、食をめぐる文化の全てをさします。しかし食文化は長らく、その重要度にもかかわらず採り上げられにくい分野でした。古い考え方では、食を考えること自体が「卑しいもの」と思われてきたこと、日常生活の資料が乏しいこともあって研究が進まなかったのです。

 

インバウンドを大量に迎えるこの時代に、我が国の食文化を説明できますか? 今になってようやく見直されてきた食の重要性。身近なのに、全貌が大きすぎて捉えきれない。そんな一筋縄にはいかない分野に斬り込みます。4人の先生方の視点を借りて、食文化の「本来=母型や真相」に迫り、「将来=課題や展望」へ、ひとりひとりが日々の生活から食文化を意識する「見方のスコープ」を手に入れましょう。


どんな習慣や思想、社会環境に影響を受けているのか。そういうことこそ、文化の魅力です。郷土料理は、その土地のすべての営みを反映しているのです。
日本は、アジアのなかの日本。アジアは、世界のなかのアジア。世界を一望してから改めて日本に注目してみると、思わぬ発見があるでしょう。


海岸線や領海で世界6位を誇る我が国。日本人が魚を食べることの意味を改めて考えるとともに、魚と暮らしの距離が開いてしまった因果を深く掘り下げながら、水産業の現在や魚食マーケットの変遷、魚の扱い方・食べ方など、幅広く日本人と魚の理想的な関係に迫ります。


食は、文化そのものです。食の獲得方法が文化の在り方を変え、社会の発展を後押ししてきました。そして料理という技術などを通して、食を楽しみにまで押し上げてきました。和食の定義は難しく、変化していきます。